フェリーの楽しみ方ー準備編

Photo by Drew Coffman

スポンサーリンク

 フェリー予約編 

フェリーの旅の第一歩は乗船券の手配から。

インターネットがない時代、日本でヨーロッパのフェリーの乗船券を確保するには、高い手数料を払って代理店に手配してもらうか、港に行って直接買うのが一番安い方法でした。

いまではインターネットで、日本でも現地と同じ値段で乗船することが可能となりました。フェリーの乗船券は、格安航空会社の予約システムと同じで、需要と供給(席数)の関係で値段が決まり、早くとれば取るほど安く購入できる仕組みとなっています。そのため、予約する時期が直前になればなるほど、値段は高くなります。オンラインのフェリー予約会社はA ferryやDirect ferryを始め何社もありますが、価格には大きな差はありません。クレジットカード、デビットカードの取扱手数料(1から2ユーロ程度)を除いて手数料も不要となっています。空港で航空券を買うと高いように、港で乗船券を買うのは価格の面からもあまり勧めできません。

フェリーは、カレー・ドーバー間など一部を除いて、一日一便という航路が珍しくなく、長距離航路になると週数便程度となります。乗船券をご購入頂かなくても、フェリーの料金や就航日時を知ることが出来ますので、旅行の計画を立てる際に活用ください。

オンライン予約の場合、パスポート番号を入力して予約するので、印刷しなくても乗船できると思いますが、スムーズな乗船のためには必ず乗船券を印刷してください。

 持ち物編 

次はフェリーに乗り込む準備です。

ヨーロッパに出発するまでに、旅に必要な持ち物は殆ど揃えているかと思いますが、フェリーに泊まることを前提に持ち物をアドバイスさせていただきます!

 パスポートと乗船券
「パスポートを忘れるなんて」と思われるかもしれませんが、シェンゲン条約加盟国間ではパスポートチェックがない国境が多く、パスポートを持たずに乗船してしまうことも起こります。

乗船券は、オンラインで予約した場合には予約サイトから送られてくるメールを携帯のメールに転送し、印刷して港に持参しましょう。

 クレジットカード
ヨーロッパは、日本以上にクレジットカードの利用が一般的で使えない店は殆どないと言ってもよいと思います。船内では、クレジットカードが使えない店はないと考えてよいです。

ヨーロッパでは、クレジットカードを利用した時にサインは極めて稀で、PIN(暗証番号)コードを入力する方法が一般的です。クレジットカードのPINコードは日本を発つ前に必ず確認するようにしてください。

また、クレジットカードが使えなくなる場合に備えて、異なるブランドのカードを数枚持ってゆくと安心です。国境を跨いでカードを使っているとクレジットカード会社が不正利用の可能性が高いと判断し、一時的に利用停止にすることがあります。

 洗面道具
船室にはタオルは基本的に備わっている場合が多いのですが、ドライヤーやシャンプー&コンディショナーなどは上級の船室でないとない場合が多いです。船内のDuty Freeでも買えるので忘れてもご心配なく。

 着替え・スリッパ
船室内やデッキでくつろぐためTシャツ、短パンなどゆったりできる服を持ってゆくとよいでしょう。スリッパやサンダルがあるとより寛げます。船内は、冷房が効きすぎる場合も多いので、夏でも長袖、長ズボンの寝巻を持ってゆくことをお勧めします。

 変換プラグ
携帯電話、カメラの充電に欠かせないのが変換プラグです。複数の国を旅行する場合には複数の形に対応した変換プラグがお勧めです。

 水着
長距離航路の場合、プールやサウナが付いているものもあり、水着を持ってゆくと航海をより楽しむことができます。

 日焼け対策
洋上のデッキは非常に日差しが強いので日焼け止めなどの日焼け対策を行ってください。小さいお子さんがいる場合には日焼け止めに帽子を被せたり強い日差しから守ってあげてください。サングラスもあるといいですね。

 貴重品対策
船室を取っていない場合には椅子席、リクライニングシートなどで到着を待つことになりますが、一人で旅行している場合には貴重品を常に肌身離さず身に着けておきましょう。

スポンサーリンク